tel
contact

BLOGブログ

GHIBLI MUSEUM , MITAKA

2011年12月6日
花崎

三鷹の森ジブリ美術館   【東京都三鷹市下連雀1丁目1-83〈井の頭恩賜公園内〉】
 
 

名前を見てお分かりの通り、アニメーション作家、映画監督の宮崎駿が館主を務める美術館です。

 アニメーションの原理、実際に動いている映写機、製作スタジオの風景再現、歴代ジブリ作品の絵コンテなどの資料が見られるようになっている常設展示や『となりのトトロ』のネコバスルーム(子供が中に入って遊べるようになっている)などジブリファンはもちろん、作品を見たことのない人にとっても見応えのある美術館です。

 展示の内容は実際行ってみてのお楽しみということで、少しこの美術館の建物や空間演出に注目して見てみると…

 公園から続く植栽のアプローチを通りエントランスへ、展示室へ下る廊下はステンドグラスのアーチ窓から射す幻想的な光に照らされ期待が高まリます。展示空間に入り一歩、デッキのように2階から跳ね出した床が天井として見えていて視界は前方に導かれるようになっています。そこから二歩、三歩、一気に視界が3階天井までの吹き抜けに広がります。この瞬間の感動はとても感心させられる空間演出です。少し補足すると、吹き抜け上部には半球状のとても大きなステンドグラス入り天窓、飛行艇の帆を模したシーリングファンが独特のスピードで回っています。美術館のHPにも写真が載っていますが。あの空間の感動はぜひ実際に体感してほしいと思います

館内写真撮影禁止ですので外部の写真を一枚↓ (屋上も緑化されてまさに天空の城)

13
屋上のロボット兵(『天空の城ラピュタ』)

過去の記事

menu
tel
contact