tel
contact

BLOGブログ

立体感

2016年9月8日
石田

IMG_0541

模型です。

主に図面ではわかりにくい立体の感覚を説明、確認するために作ります。

このように屋根が外せます。

IMG_0542

二階部分

IMG_0543

一階部分

IMG_0544

IMG_0545

タテのつながりや窓の高さ、各部屋の位置関係などが感覚的に理解できますね。

これはお客様に確認してもらうためのものですが、設計士が設計の段階で外観や空間の構成を検討するスタディ模型と呼ばれるものもあります。

通常三次元の空間を二次元の設計図で描きますが、三次元での詳細な検討も大切です。

過去の記事

menu
tel
contact