tel
contact

BLOGブログ

光の入り方

2017年9月6日
石田

現在計画中の中京区の物件です。

IMG_0217

3Dモデル。

???????????

コンセプトスケッチ。上下階にまたがる中庭を中心に展開される住宅です。

中庭にどのように光が入り、どのような見え方になるのか3Dモデルで検討しました。

建築地に於いて9月1日の太陽の移り変わりを時間別に見てみます。

まずは日の入り5:49です。中央の中庭は暗いままです。
IMG_0212

8:19。中庭に光が差し込んでファサードとの対比が印象的です。
IMG_0213

同時刻の上からの視点です。
IMG_0218

12:19。中庭に光が差し込み続けています。
IMG_0214

同時刻の上からの視点。2階中庭部分に多くの光が差し込みます。
IMG_0219

16:49。西日を遮る構成にしているため、中庭部分が暗くなっています。
IMG_0215

日の入り直前17:49。夕方から夜にかけて中庭にライトを灯して建物を演出するデザインを検討します。
IMG_0216

光の入り方を工夫して、季節や時間帯で表情の移り変わりを楽しむファサードを作っていきます。

今回はご紹介は9月1日ですが、夏至、冬至、そして中間期をそれぞれ検討します。
図面では直射日光の入り方までの検討になりますが、3Dモデルでは天空光や建物・環境からの反射光も含めた検討が可能なのです。

このように光の入り方を各部の高さや角度を微妙に調整して、より良い形を作り出していきます。

過去の記事

menu
tel
contact