tel
contact

BLOGブログ

表面張力

2020年8月3日
長尾

凸凹な砥石の上で刃を研ぐと、当然刃も凸凹になってしまいます。鑿や鉋を研ぐ際は、砥石の面を平面にしなければなりません。   刃の表面が限りなく平らに研げていることと、砥石の平面が出ていることが条件として研いでいくと、砥糞(刃物を研い…続きを読む

上田

現場でよく目にする作業台。現場では馬(うま)とも読んでます。 二つ一組で、材料を載せたり、作業台として使ったり、と現場でも活躍しています。 塗装用の馬。 他の材料に塗料が付かないように、馬は分けて作業する。 合板や角材を組み合わせ作り、モノ…続きを読む

天然砥石

2020年7月4日
長尾

天然砥石の起源として、今から2億5千万年前に海底に1千年に1ミリという時をかけて、火山の影響による火山灰や海中のプランクトンの遺骸などが地殻変動の圧力やマグマの熱により変化し、地層ができ、今現在で採掘されています。 天然砥石にも「荒砥」「中…続きを読む

上田

手刻み手刻みっとは言うていますが、手刻みはほぼ機械を使います。 可能な限り、機械で作れるものは作る。その方が、効率的。   勿論、全てを機械で作れるわけではなく、機械で届かない所は手作業で行います。 大工はそういう局所的なところで…続きを読む

仕込み

2020年6月4日
長尾

新しい鉋を購入した際、すぐ使えるものもあれば、少し調整しなければいけないものもあります。 今回は刃の仕込みです。 刃が台にあたる所を削っていきます。 何処に抵抗があるのか解る様に刃の背中側に墨汁を塗って仮に台へ軽く押し込みます。 そうすると…続きを読む

角度

2020年2月29日
長尾

鉋の刃の角度を鋭角にしすぎると刃こぼれがしやすく、鈍角にするほど引きが重くなってしまいます。鉋の刃の理想としては28°から30°ほどと言われています。ですが、削る材料に応じて角度を調整して研ぐことも大事です。 主に堅木と言われている欅、ウォ…続きを読む

menu
tel
contact