tel
contact

BLOGブログ

日射

2019年7月21日
山本

夏休みのシーズンになり、嵐山の観光客の方々が増えたように感じます。   小学校のころ夏休みの思い出は 毎朝ラジオ体操に参加して 参加すると貰えるスタンプを集めていたのを覚えています。       &n…続きを読む

陰影

2019年7月7日
花崎

ゼンの事務所からも歩いてすぐの位置で建築中の飲食店が完成間近です。 丸太町通りに面した北面からの自然光による陰影を活かすデザイン     無機質な空間の中に木製ベンチと傾斜梁 時を重ね使い込むほど味が出る ゼンらしく職人…続きを読む

棟換気

2019年7月1日
杉本

屋根裏換気の方法のひとつ   外気を軒先につけた吸気部材から建物内に取り込み、 そこであたたまった空気が上昇し、屋根の頂部につけた換気棟から排出されるという仕組み。 換気棟は寒い冬では結露対策になり、暑い夏では室内温度上昇を抑制し…続きを読む

完成間近

2019年6月29日
小西

蒸し暑い日々が続いていますが、 いかがお過ごしでしょうか?   JR嵯峨嵐山駅の近所の現場が完成間近です。 1Fの店舗にベンチを作らせてもらいました。 板を張り合わせて、 型板を作り、 棒を打ち付けて座面を作ります。 インスタに何…続きを読む

梅雨入り

2019年6月23日
山本

  梅雨入りで雨が急に降ったりする日が続き、 折り畳み傘が必須になってきました。   ”梅雨”の語源ですが、 中国で黴(カビ)の生えやすい雨の時期、   黴雨(バイウ)と呼ばれていたのが カビでは漢字が良くない…続きを読む

7m カウンター

2019年5月29日
小西

今日は、さわやかな五月晴れでしたね。 皆さまいかがお過ごしでしょうか?   今、建てさせてもらっている現場で 7mのカウンターの取り付けをしました。 二枚の板の表面を削って 窓のくぼみに合わせて 二枚を金物でつないで 台の金物に固…続きを読む

床材

2019年5月23日
山本

床に使用する材料にはいろいろな種類があります。 フローリング、クッションフロア、タイル、コルク、カーペット、石など   お部屋の用途や、雰囲気によって選ぶことが大切です。   フローリング材の中でも沢山の種類があります。…続きを読む

花崎

平成も幕を閉じ、令和という新しい時代が始まりました。 必然と令和元年竣工となる事になった建築中の若宮町の家 2.3階の住宅部分の大工工事が大詰めです 中3階部分から2階の見下げ   2階から中3階の見上げ ひとつも同じ家はありませ…続きを読む

和風外観

2019年4月26日
杉本

お世話になっている西京区の現場です。 京都の景観を守り整えるために制定されている、 風致地区の条例が適用される地域の物件です。   京都の景観に適した和風の佇まいになるように、 こちらの物件は屋根に瓦を葺き、壁は焼杉貼を採用してい…続きを読む

オーク材の玄関枠

2019年4月23日
小西

夏の様な気温で、 日中は汗ばむ日が続いていますが いかがお過ごしでしょうか? 話しは変わりますが、 今、建てさせてもらっている建物の 玄関枠を作らせてもらいました。 製作にあたり道具を自作しました。 溝を掘る電気工具を改造して、 曲面加工が…続きを読む

配筋検査

2019年4月18日
山本

花見シーズンが終わりに近づき 少し嵐山の観光客も減った様に感じます。   宇治の方に基礎配筋検査に立ち会いに行ってきました。   基礎配筋検査とは 図面と同じように基礎の鉄筋が施工されているか、 土と接する部分で適切なか…続きを読む

小粋な床暖房

2019年4月2日
上田

リノベーションの現場。 今回は床暖房を取り入れています。 床暖房には電気、ガスとある中で、今回は温水式床暖房。 それぞれの床暖房にはメリット、デメリットあると思います。 色々悩むところだと思います。 床暖房のパネルに合わせて、指定された位置…続きを読む

造作家具

2019年3月20日
小西

暖かい日が続きますね。 花粉が大量に飛び鼻がグズグズしてきて、 春の到来を実感します。 話は変わりますが、 よく最近お施主さんから依頼を受け ゼンではオリジナルの造作家具を 作らせていただいています。 そのなかで最近便利道具を自作しました。…続きを読む

近藤

住宅と言えば「新築」ばかりに目が行きますが、中古の物件を購入してリフォーム工事を行い価値を上げる これも価値の高い住宅購入方法の一つです。 その際に一番注意することは、対象物件の状態で、人に例えると健康状態のようなもの 木造、鉄筋コンクリー…続きを読む

FESTOOL DOMINO

2019年3月6日
長尾

  昔ながらの、ホゾを鋸で加工し、ホゾ穴を鑿で加工。ホゾ差しと言われる技法で主に柱と土台の接合、柱と梁の接合をするのに使われます。また、蟻継や鎌継と言われる仕口、継手といった、材料を継ぎ足したり直角に継いだりとする技法が今の時代で…続きを読む

節分

2019年2月4日
山本

  2019年が始まって早くも1ヶ月が経ちました。 2月3日節分、恵方巻は食べられたでしょうか?       恵方巻の文化は古く江戸時代から続いているそうです。     &nbsp…続きを読む

近藤

  完成していい感じに見えるかどうか また、経年変化によって見苦しくならないかはこの下地の段階でほぼ決定します 最近の物作りは見た目優先で、「見た目」から入り「見た目」で完成してしまい そこに間違いなく存在する下地や工程がおろそか…続きを読む

新年ですので

2019年1月13日
杉本

1月も早いもので半ばになり、お正月の雰囲気はすっかり過ぎ去りました。   ゼンの事務所ではコーヒーカップに続き、茶器も一新しました。 お茶の色がよくわかるように白磁の器です。     磁器など厚みの薄い器は、繊…続きを読む

山本

新年あけましておめでとうございます! 和暦も変わり、年が大きく変わったように感じます。     ゼンでは去年末に2件の上棟がありました。            …続きを読む

木工

2018年12月25日
長尾

いつも使うカッターナイフ。持ち手がプラスチックなのが気に入らなくなり、木に変えようと思い作ることにしました。 材料はウォルナットを使用しました。 まずは大まかな大きさ、形決め。 あとはひたすら鉋で削ります。ペーパーなどを使うのもいいと思いま…続きを読む