tel
contact

BLOGブログ

ガスでできること

2013年11月3日
名和

皆さんはガス派ですか、電気派ですか?

どちらもメリット、デメリットがあると思いますが、
ただ、料理を作ったり、暖をとったり、
灯りをともしたり、結果だけ見れば両者ともに出来ることがあります。

最近では、太陽光や燃料電池、IH、電気自動車など、
電気に注目がいく傾向にあるかと思いますが、
その電気を作り出すのにもガスが使われていることがあります。

また、当社では薪ストーブなどの話もよく出ますが、
人間は炎を見ることで落ち着くという習性もあるそうです。

大阪ガスさんの取り組みを見学するツアーに参加してきました。

京都駅に集合して、大阪ガスさんが手配してくれたバスに乗り込み、
大阪の酉島にある大阪ガスさんの研究施設に移動。

社内ではさすが大阪ガスさん。

豪華なお弁当をいただきました。

IMG_3181

IMG_3183

はじめに見学させていただいた施設は、
現在研究段階なので、写真撮影がNGの為、
何も写真が無かったのですが、
いわゆるスマートハウスの応用したもので、
実際に一軒家を建て、そこに研究用の設備を設置して、
そして大阪ガスさんの社員さんがそこで生活をして、
データをとるというものでした。

ここの施設については、詳しい話が出来ないのが残念です。

つづいて、大阪市内にある大阪ガスの実験集合住宅「NEXT21」に移動。

next21

写真ではわかりにくいですが、すごく奇抜な外観をしております。

この「NEXT21」と言うのは、大阪ガスが1993年に建設した実験集合住宅で、
大阪ガスの社員とその家族が実際に居住し、時代に一歩先んじた居住環境・設備を設置して、
これからの集合住宅を考え、検証していく為の施設で、

・環境共生住宅の実証モデル

・居住者のライフスタイルに合わせ間取りを変化できる実証モデル

・住宅機器・設備の実験とモニター評価の場

と言う3つの意義を与え、
その上でその時代時代にあったテーマを決めて、
その内容に合わせて実験しています。

なので、環境共生住宅の観点から地下一階地上六階だての建物の内外部に木々が点在しております。

IMG_3192

IMG_3200

IMG_3202

IMG_3203

IMG_3205

地上階には人工の小川があり、その周りには植樹などもされている為、
今までに22種類の野鳥が飛来し、5種が営巣し、雛の巣立ちが観測されたそうです。

IMG_3210

また、居住者のライフスタイルに合わせ間取りを変化できると言う点では、
建物自体の構造と、一つ一つの部屋を間仕切る構造を別々にすることにより、
部屋の玄関の位置から、窓の位置、外壁の位置まで変えることが出来ます。

IMG_3212

少しわかりにくいですが、上階は目一杯まで外壁を迫り出してきて、
中階はその部分をデッキにしバルコニー代わりにして、
下階はあえてそちら側には何もつけず、全体住民の廊下としています。

そして、最後に住宅機器・設備の実験とモニター評価の場ということで、
この施設の居住者様には色々な家電製品や住宅機器が配布・設置されているのですが、
特徴的なものとして、
IMG_3189

IMG_3188

机型のHEMSだそうです。

実際には机にディスプレイを組み込んで、
机の下には大きなデスクトップのパソコンが置いてありました。

IMG_3186

IMG_3187

ガス用のストーブだそうです。

あえて火を不完全燃焼させて炎の揺らめきが演出されていました。

個人的には・・・・

そのほかにもいろいろありましたがあまり紹介できないのが残念です。

皆さんも機会がありましたら是非足をお運びください。

京都 注文住宅 HOUSE ZEN

過去の記事

menu
tel
contact