tel
contact

BLOGブログ

窓枠加工

2014年2月1日
花崎

今回は窓枠材の加工の様子をご紹介します。
下の写真↓のように原板で乾燥させてある材料から龍安寺の家で使用する分を加工しました

A

B

↑自然のものなのでこんな具合に曲がり、厚みや幅がばらばらの原板を作業場で加工していきます。

C

下準備として使用する部分以外を手で切り落とした後↑平削り盤(通称プレーナー;台に回転する刃が取り付けられており木材をスライドさせていくことで表面を削る機械)を使用して断面が長方形になるように直角を出しながら整形していきます

D

機械は使いますが精度を決めるのは大工の目と手、何度も機械に通しながら微調整をしていきます
E

F

何度か通すとこんな具合

最初の状態からは想像できないくらいきれいな仕上げ材になります

また現場に取り付いた完成の様子を紹介しますのでお楽しみに

過去の記事

menu
tel
contact