tel
contact

BLOGブログ

木を知る

2015年3月3日
名和

皆さんは木の事をどこまで知っていますか?

今の季節は梅の木が花を咲かせる季節になってきて、
もうすぐ桜も花を咲かせることでしょう。

そんな一般の方にも馴染みが持ちやすい見て楽しむ木々もあれば、
花粉症の方などの天敵でもある杉やヒノキなどの切り倒して初めて価値が出てくる木々もあります。

ダウンロード

ダウンロード (1)

現代の木造住宅のほとんどは集成材などの安定した品質の材料で、
建築基準法に添った構造計算で、
木々を繋ぐ金物でがちがちにした期待以上の性能も望まず、
その代わり安定した品質で安定した商品をご提供できるような法律の内容になっております。

cornersetugou1

この現代社会の流れの中では、いろいろな種類の木々の性質を知ることや、
木組みのやり方などを追求する価値が昔より低くなっている気がします。

ですが、できれば今後、家を建てられる方やリフォームをされる方など、
いろいろな方に木について考えていただきたいと思っております。

なので、木の特徴やその木を使った製品をご紹介したいと思っているのですが、
その第一弾として、家に住んでいて一番身近な木が床です。

立っていても、座っていてもいつも足元には床があり、木があります。

そんな床材はいろいろな種類があり、
好みの数だけ種類が豊富で、
安価なところでメジャーどころでいけばパインなどが有名です。

ダウンロード (2)

このパインは日本では松の木のことで、柔らかい材質なので、
加工がしやすく、床としても足ざわりがやさしいのが特徴です。
ただ、反面傷などが付きやすいデメリットもあります。

また、高価なメジャーどころでいけばウォールナットなどが有名で、

s-_MG_5843

クルミ科の広葉樹だそうで、滲んだ墨絵のような雰囲気があり、
この独特な深みのある色合いが、家具・楽器・彫刻など装飾性の高い多様な用途が特徴です。

デメリットとしては、色合いが濃いので、
ホコリなどの汚れは目立ちやすいです。

そして、あまり目にする機会が少ないかと思いますが、
バンブー(竹)の床材などもあります。

take01

木造と一言で言ってもいろいろな木があり、
その木一つ一つに歴史があります。

その木を使わせてもらうものとして、
その木の特徴を最大限引き出せるようになりたいと思っております。

過去の記事

menu
tel
contact