tel
contact

BLOGブログ

木工

2016年3月12日
名和

最近何かとご紹介させていただいている木工。

今回もその様子を少しご紹介させていただきます。

テーマは敷居です。

20150205_941382

この敷居。
どのようにして固定されているか知っておられるでしょうか?

今回のその工程を簡単にご説明させていただきます。

まず、材料に溝を掘る工程です。

最近では機械できれいに溝が掘れるようになり、
その機械で溝を掘っていきます。

IMG_1688

IMG_1690

作業風景を見ていると凄く綺麗に掘れていたので気持ちよかったです。

大工に聞くと、道具に頼るのはいいことだけど、
綺麗に掘れるように、
道具の刃をちゃんと磨き、
手入れを常にしているそうです。

溝が掘れると、
敷居の端には加工をして、
少し突起を残しておき、
その敷居をはめる柱側にはその突起がキレにはまるような大きさで溝を掘ります。

IMG_1695

IMG_1696

IMG_1697

IMG_1700

IMG_1703

IMG_1692

IMG_1694

そして、反対側も同じように柱を切欠き、
敷居を加工していくのですが、
こちら側はすこし違う方法を取ります。

こちらの柱は、角まですべて削ってしまいます。

IMG_1706

IMG_1707

IMG_1708

IMG_1710

敷居の方は反対側と逆で、中央の部分だけ削って加工をしていきます。

IMG_1711

IMG_1715

IMG_1716

IMG_1718

IMG_1719

IMG_1721

IMG_1722

加工が完成した敷居の片方をはめ込み、
そして、角まで飛ばした反対側を滑らしてハメていきます。

IMG_1723

IMG_1729

この時のはめ込みは、
数ミリ以下で調整していき、
柱が傷つかないように、
敷居が欠けないように注意しながら調整します。

IMG_1728

そして、ここでも大工の知恵。

ある一定の調整が終わると、
薄い鉄板と、敷居より少し長めの木材を用意して、
敷居を叩くことなく、金槌ではめ込んでいきます。

IMG_1731

IMG_1732

こうすると敷居より少し長めにカットした木材が、
柱と柱の間を少し広げてくれるので、
その間に敷居をはめ込むことが出来ます。

IMG_1733

IMG_1734

IMG_1735

そして、はめ込むことが完了すると、
あとは角まで飛ばしておいた柱と、
中央部分をくりぬいた敷居にくさびを入れていきます。

IMG_1737

IMG_1738

IMG_1739

IMG_1743

これで、一連の敷居の据えが完成します。

この工程で一本も釘やビスを使っていないのですが、
がっちり固定されていました。

上から釘やビスで留めてしまえば、
数秒で終わる工程を、
小一時間かけて施工する。

家が長持ちする秘訣の一つです。

過去の記事

menu
tel
contact