tel
contact

BLOGブログ

無垢天井

2016年11月1日
石田

西京区の現場の2F天井の一部です。

IMG_0763

IMG_0767

梁の上に杉板を用いて天井としています。

この天井の杉板ですが実はロフトの床も兼ねています。

ロフトから見るとこんな感じ。

IMG_0764

IMG_0765

通常の天井はこのような構成になっています。

IMG_0768

それに対し今回は床の厚みを増して両面仕上げることで、床と天井を兼ねたような構成にしています。

IMG_0769

構成部材が少なく建築としてはより素に近いものといえます。

そして梁の下に新たに無垢板の天井を作るよりはコストを抑えて作ることができるのがメリットです。

もちろん上階での足音が直に伝わるので、上下階の関係には注意が必要です。

天井ひとつとっても、その構成によっていいところ、悪いところが出てきます。

その中でお施主様のライフスタイルに合わせて検討していくのも設計の醍醐味です。

過去の記事

menu
tel
contact