tel
contact

BLOGブログ

網戸

2016年11月10日
名和

前回のブログネタもそうでしたが、
最近、自分で何か作業をすることが増えてきたので、
『HOW TO ブログ』のような内容になりつつあるナワのブログ。。。。

今回は縁あって、網戸編です。

IMG_1332

皆さんは網戸を自分で張り替えられますか?

人生の中で網戸を張り替えたことがある人は何人ぐらいおられるのでしょうか?

私の予想は30%ぐらいの人は張り替えた経験がある人なのかなと思います。

網戸自体は経年変化で劣化はしますが、
早々、張り替えなくてはいけないぐらいのモノでもないので、
若い方なら尚更経験がない方も多いと思います。

ただ、時代は進化して耐久性は更に向上しているものの、
他の理由で張り替えなくてはいけないことが増えているのですが、
従来の網戸に比べて格段に網戸の存在感をなくなってきており、
網戸に気付かず突っ込んでしまうと言う事例をよく聞くようになりました。

image_12_3

向かって左側の網戸は、
secret_1

それに対して右側の網戸は、
secret_2

網目は細かくなっているのに、
存在感がなくすと言う一石二鳥な商品なのですが、
欠点は見えないので突っ込んでしまう。。。。

と言う事もあり、網戸を張り替えるケースが増えてきています。

そこで、今回の本題でもある網戸の張替えをする方法をご紹介します。

まず、用意するものは
IMG_13301

●網戸用ネット
当然、張り替えるので必要なのですが、
先でご紹介させていただいたようにネットの細かさや、色など
最近では種類もいろいろ販売されています。

●網戸用ゴム
ゴムは、張り替える場合既存のモノをそのまま使いまわせる可能性はあるのですが、
あとで紹介する通り、ゴムが劣化している可能性が高いので、
合わせて交換すると良いと思います。

また、ゴムも網戸のメーカーや年代によって、
太さが変わってくるので要確認です。
ただ、調べ方がわからない場合などは、
先に既存のゴムを少し採ってから、
ホームセンターなどで同じ太さのモノを探します。

●ローラー
網戸用ゴムをはめるときに使います。
あると便利ですがなくてもOK。

●網戸カッター
はみ出た部分をカットするのに使いますが、
無くてもOK。

●ハサミ
大体の大きさに切るときに使います。

●網戸クリップ
網戸用とは名ばかりで、
普通のクリップです。
大きめで、挟み込む部分に滑り止めがついていれば尚よし。

まずは、古くなった網戸を外します。

やり方は、網戸の冊子とネットの間に網戸用ゴムが挟まっているので、
そちらを取り除きます。

IMG_1333

ローラーにはそれ用の突起があります。
IMG_1335

IMG_1336

IMG_1338

全部ゴムが取れたら、
古いゴムの長さぐらいで新しいゴムをカットします。

IMG_1340

そして、新しい網戸をクリップで仮止めして、
IMG_1342

大体の長さのところでカットします。

a href=”//www.house-zen.com/blogimages/7/c/7c0d2d7a.jpg” title=”IMG_1344″ target=”_blank”>IMG_1344

あとは、新しいゴムをハメて固定していきます。

IMG_1345

IMG_1346

IMG_1348

全部ゴムをハメられたら、はみ出た部分をハサミで切り込みを入れて、
はカッターで切っていきます。

IMG_1353

IMG_1355
IMG_1356

全部切れたら完成です。

IMG_1357

意外と簡単なので、
穴が開いているけどほったらかしの方は来年の夏に向けてお試しください。

過去の記事

menu
tel
contact