tel
contact

BLOGブログ

防水

2017年3月13日
近藤

RC(鉄筋コンクリート)造の全面改修工事をしています

IMG_1814

本来持っている鉄筋コンクリートの寿命は人と同じくらい長いのですが
その使用環境によって耐久年数が大きく変わります

人も雨の日には傘をさして歩くのが普通
服は防止性能の高い物や、仮にぬれても乾きやすい素材を選びと思います

しかしその選択を間違うと不快に感じたり風邪をひいてしまったり・・・

建物も同じです、傘に代わる部分は屋上の防水
外壁は水をはじくもので、できれば継ぎ目はない方が良い

上の写真は傘から雨が漏れて下の階から漏れ出した様子
白くなった部分はエフロレッセンスと言って
コンクリートの石灰分が表面にでて固まったもの
強度的には問題ないのですが、見栄えが悪い・・・

IMG_1813

最上階のこの部分を見れば、その建物がしっかり施工されたものかの判断は
経験上だいたい判断がつきます

その状態を考えてベターな方法で改修工事を進めていきます

IMG_1815

今回は屋上の防水を新設し、アルミ製の手摺を設置
将来さらに進行するであろう経年劣化に備えて工事を進めます

木造、RC造、鉄骨造、その他いろいろな構造が存在しますが
基本的にどの構造もすることは同じ
若干の相性をみて判断するだけです

過去の記事

menu
tel
contact