tel
contact

BLOGブログ

点検

2017年7月14日
名和

ゼンでは、仮設足場を外す前に社員全員で外装点検なるものを実施しております。

まず、仮設足場とは、
名前の通り、家を作るために、
特に外装関係の作業をするためには、
その作業を効率化する為に足場が必要になるので、
その足場を仮に作ったものを仮設足場と言います。

この説明で行けば仮設なので適当でいいかと思ってしまいますが、
この足場の設置具合ですごく作業効率が変わってきます。

足場の位置が建物と離れすぎていると、
作業するスペースは広くなるが建物と離れているので、
作業がやりにくくなり、効率が落ちます。

とは言え、近すぎると材料の上げ下ろしや、
人間の上下移動などに支障が出たり、
これもまた作業効率が悪くなります。

ちょうどいい距離。

そのちょうどいい距離と言うのが難しいのですが、
現場、常に職人さんの作業のリレーです。

常々、後の職人さんに繋がる仕事を。

後の職人さんが少しでもやりやすい環境を。

この意識が何事にも代えがたい作業環境を生み出します。

そんな思いが詰まったお住まいの足場をばらす前に、
家全体を水をかけ、
IMG_2472

汚れを流し、

IMG_2467

傷が無いかチェックしてから足場をばらします。

一作業を終えて、
綺麗になった屋根の上から見る景色は最高でした。

IMG_2468

屋根からの景色は、
遮るものが無く、馴染みがある場所でもいつも違う世界に連れて行ってくれます。

過去の記事

menu
tel
contact