tel
contact

BLOGブログ

Iot

2018年3月2日
名和

「IoT」と言う言葉はご存知でしょうか?

顔文字ではございません。

「Internet of Things」の略で、
「モノのインターネット」と訳します。

この言葉自体は、1999年頃から使われるようになったそうで、
日本では、2016年4月20日に成立した法律により改正された特定通信・放送開発事業実施円滑化法の付則で、「インターネットに多様かつ多数の物が接続され、及びそれらの物から送信され、又はそれらの物に送信される大量の情報の円滑な流通が国民生活及び経済活動の基盤となる社会」と言う定義されました。

ただ、個人的には先程から随所に出てくる「モノ」「物」とは、
何を指すのかすごく疑問で、その「モノ」がインターネットにつながることで、
どういったことが出来るようになるのかわかりませんでした。

なので、ここではすこし今の世の中の身近にある「IoT」から、
今後の予想までご紹介させて頂こうと思っております。

まずは、身近の物の代表格としてはスマートフォンが真っ先に思い浮かべることが出来ます。

今までの電話は、電話が出来るだけだったのが、
電話がインターネットと繋がることで、
オンラインショッピングや、snsなどの情報発信など様々な用途を持つ電話となりました。

その他にも、テレビがインターネットにつながることで、
ブルーレイレコーダーなどで録画した番組が、
家のどのテレビでも見れるようになったり、
カメラの映像を外出先からでも見れるようになりました。

こういったように今の世の中でも、
「IoT」化は意識外から進んできました。

そして、先日100周年を迎えたパナソニックが、
今までの家電製品は最先端技術の開発を目的として取組されてきたが、
これからの家電製品は相乗効果、「IoT」化に対応する取り組みを目指していくと発表しておりました。

上記の電話やテレビ、カメラなど、
一つの家電がインターネットにつながることで様々なことが出来ようになるだけでは無く、
家電製品同士がインターネットでつながり合う事でより便利な相乗効果を生み出していくと言う事でした。

そして、家電だけでは無く、寝ている布団やベット。
座っているソファー、服を入れているクローゼット。

さらには、家そのものや車など、
全ての者がインターネットにつながることで、
より便利に、より快適になって行くことでした。

例えば、寝ているベットや布団がインターネットを通してエアコンと繋がることで、
睡眠状態を確認し、朝起きた時に目覚めやすい様に部屋の温度や湿度をエアコンが調節する。

クローゼットや下駄箱がインターネットにつながることで、
その日の天気や気温などから服を選んでくれるなどです。

他にも、街中にあるゴミ箱がインターネットにつながることで、
現在のごみの容量などを把握することで、
ゴミの回収が必要かどうかを判断でき、
効率的に回収作業を行うことが出来たりします。

便利になる反面、すごく怖い印象も受けます。

自分の事を、自分より機械の方が知っている。

今の体調や、雨が降るなどの自分に起こりうる将来の出来事など、
想像がネガティブだとすごく怖くなってきます。

ただ、現在の世の中でもCMなどで目にする「AIスピーカー」など、
様々な事を管理し、提供してくれるAIを活用していこうと思うと、
やはりモノがインターネットにつながると言う世の中になって行くのだろうと思っております。

今後の世の中が「IoT」時代に移行する現代で、
家を創る職業の人間として出来ることは何があるのだろうか?
と考える今日、この頃でした。。。

過去の記事

menu
tel
contact