tel
contact

BLOGブログ

根継ぎ

2018年8月20日
近藤

改修工事中の現場で根継ぎ工事をしています

根継ぎとは、柱の根元がシロアリや雨により腐食している場合に

腐食した材料をそのまま交換するのではなく、腐った部分のみを新しい材料に交換する

注意する点としては、新旧の材料を構造的に一体化する点が肝要です。

今回の継ぎ手は最もメジャーな継手「追掛大栓継ぎ」です。

栓はまだ未施工ですが、、

1 柱の腐食した部分を切り取る

 

2 元の材料を加工

 

3 新しい材料を製作

 

4 材料を接合して完了

 

見た感じ簡単なように思いますが

「刻み加工」と言って高度な大工技術の一つです。

過去の記事

menu
tel
contact