tel
contact

BLOGブログ

基礎着工

2018年11月8日
杉本

いろいろな場所でZENの現場が順に着工しています。
先日着工した桂の現場を紹介します。

着工当日、工事開始前に職人さんと打ち合わせ。
草が残る土地だったので、ユンボで草が生えている表面の層だけ削りとりました。

 

大まかな建物配置を出し、地盤より低くなるところは堀削、
高いところには砕石を足します。

 

湿気防止の防湿シートをほどこし、捨てコンを打設。表面を平滑にします。

 

平滑な捨てコンに墨出しを行い、建物の正確な配置を決めラインを引きます。
基礎スラブ用の配筋をしたのち、型枠を組みます。

 

配筋が設計どおり組まれでるか確認の検査の後、基礎のベース部分をまず打設します。
コンクリートがしっかり固まるように養生期間を確保します。

この後、必要なスリーブやボルト、型枠を追加し、立ち上がり部分の打設、
土台敷、上棟と続いていきます。
順次紹介します。

過去の記事

2021年

menu
tel
contact