tel
contact

BLOGブログ

棟換気

2019年7月1日
杉本

屋根裏換気の方法のひとつ

 

外気を軒先につけた吸気部材から建物内に取り込み、
そこであたたまった空気が上昇し、屋根の頂部につけた換気棟から排出されるという仕組み。

換気棟は寒い冬では結露対策になり、暑い夏では室内温度上昇を抑制してくれます。

 

換気棟は屋根の頂部に穴を開けて取り付けるので、
雨仕舞いに高い専門技術が必要になります。

 

 

お引渡しがおわり、お施主さまがお住まいになっている建物の

点検に行くのがゼンの恒例で、小屋裏の点検も欠かせません。

 

 

 

 

 

夏至も過ぎましたが、まだまだ陽が長い時期が続きますね。

嵐山の夏の夕焼けもいいものですよ。

 

 

 

 

menu
tel
contact