tel
contact

BLOGブログ

木が生きているって有名な話

2020年5月22日
上田

木は伐採しても生きているように見える。

生きている材木を扱っていると緊張します。

心地いい緊張感です。

木は天に向って育ってるわけで、上下・天地があります。

上側は「末口」根元側が「元口」

見分け方は色々とありますが。。。

自然に立っていたのと同じ状態で使うのが伝統的な作法。

たまに例外もありますが・・・。

私自身はついつい自然の状態の末口を上に使ってしまいます。

構造に関係なく壁の中に隠れてしまう間柱でも、

外部に貼る外壁材でも同じです。

パッと見て分かるので、何か気持ち悪い。

 

先日、外壁材に焼き板を施工。

カットした所はバーナーで焼き、炭化させる。

あえて炭化させて、耐久性を増し、塗装にはない黒さを出す。

木を焼いても、やはり木は生きている。

 

心地いい緊張感です。

過去の記事

menu
tel
contact