tel
contact

BLOGブログ

杉のぬくもり有名な話。

2020年8月20日
上田

改修の現場。裏庭に出る窓の手前の床板を一枚板で。

材木屋に足を運び、材料を選びます。

今回は高知産の魚梁瀬杉(やなせすぎ)

という杉板。

 

この魚梁瀬杉は現在では伐採制限が出て、貴重な杉材です。年輪も細かく、面白い木目が見えます。

槍かんなで仕上げる事で

照明や太陽の光の陰影の変化が楽しみです。

 

 

床板は槍ガンナで仕上げの様子。。。

 

他の部材もカンナ仕上げ。

満足するカンナ屑が出ています。

木材が鏡のように写っているのが見えますでしょうか?

取り付ける部材ひとつひとつは施主様の財産である事を常に考え、丁寧に仕上げています。

さてさて。。。

今年の祇園祭は不完全燃焼で終わりました。

後祭巡行日24日付け朝刊の見開きページに私の音頭取りの様子が

大きく掲載されたのは有名な話。

 

過去の記事

menu
tel
contact