tel
contact

BLOGブログ

検査

2020年9月11日
小谷

住宅を建てる際には、確認検査・完了検査等の検査を経て完成されます。

 

各々の検査は、法令に適合する

 

かつ御客様の住まう住宅が安全となる為に必要です。

 

先日、配筋検査の立ち会いに同行させて頂きました。

 

 

 

住宅の土台となる基礎は、コンクリートと鉄筋で構成されています。

 

鉄筋を図面と同じ種類のモノ・位置に配置し

 

コンクリートを入れ固める事で、強度のある基礎が完成します。

 

配筋検査は、基礎施工過程のコンクリートを入れる前に

 

鉄筋の配置・種類・これから入れるコンクリートの厚さ等の確認を行ないます。

 

 

コンクリートの厚さは、スペーサーというブロックで確保します。

 

この小さなブロックは、適切な間隔で配置する事で

 

長い鉄筋のたわみの防止にもなります。

 

 

無事検査に合格した為、コンクリートを入れる事が出来ます。

 

過去の記事

menu
tel
contact