tel
contact

BLOGブログ

プレカット

2018年5月22日
ZEN

現在は柱梁などの主要な構造部材を工場で事前に加工した木材を使うプレカット工法による住宅がほとんどです。
工場の機械で加工していくため、常に安定した加工品質が期待でき、指定する寸法通りに仕上げられた木材が現場に届けられます。
組み立てるだけなら、誰にでもできそうな気がしますが、大工の仕事は奥が深い。
プレカットされた木材を組んでいく仕事だけを見ても、腕の良い職人が行うと何倍もスピードが違い、仕上がりも違い、耐久性も違ってきます。
「京都家禅」はそうしたプレカットにも対応できる大工がさらに腕を磨いています。