tel
contact

BLOGブログ

城南宮

2017年11月24日
名和

皆さんは名神高速道路の京都南インター近くにある城南宮はご存知ですか?

京都は、有名な神社やお寺が多く存在し、
どこのお寺や神社も紅葉の季節は、
平日でも観光客の方々でいっぱいなことが多いですが、
先日、その城南宮に行く機会があり、
平日行ってみると七五三でお参りされている方はチラホラおられましたが、
そこまで人も多くなく楽しむことが出来ました。

城南宮

城南宮は、引越・工事・家相の心配を除く「方除(ほうよけ)の大社」と仰がれています。

なので、当社でも工事着工の前に執り行う地鎮祭や、
工事期間中に安全を祈願する棟札などを、
色々とお世話になることも多くあります。

そんな日頃からお付き合いがある城南宮なので、
勝手ながら親近感も持っていたのですが、
今回はそんな城南宮の神苑についてスポットを当ててお話ししたいと思います。

この城南宮の神苑は、
中根金作と言う国内外問わず、
300もの庭園を造った偉大な芸術家が、
造園家として最初に手掛けた庭園で、
色々季節、時代をテーマに、
いつ、どんな人と来ても楽しめる構成となっております。

今回訪れた紅葉のシーズンはもちろん、
初夏や小春日和、
冬の雪化粧など、
色々想像すると改めて来てみたい思いになりました。

IMG_3289

IMG_3207

IMG_3295

IMG_3181

IMG_E3264

IMG_3209

IMG_3212

IMG_3227

写真ばっかりになってしまいましたが、
まだまだ紹介した風景もあり、
是非、一度機会があれば伺っていただき、
感想を共有できれば幸いです。

私も機会があれば、
春夏秋冬訪れてみたい。

中根金作と言う造園家の作品も他にも見てみたいと思わしてもらえる。

癒しの時間でした。

過去の記事

2021年

menu
tel
contact