tel
contact

BLOGブログ

史跡名勝

2021年3月11日
小谷

建築物を建築する際に、国や都道府県等に対して申請や届出を行います。

 

確認申請や景観届

 

面積や高さ、建築基準法や条例

 

どんな建築物が建つのか

 

様々な要素に対して適合しているか確認し、書類作成、提出します。

 

今回〝史跡名勝天然記念物現状変更申請〟を提出しました。

 

〝天然記念物〟と聞くと、トキや屋久島スギ原始林等が思い起こされますが

 

史跡・名勝という、国が指定する文化財の指定地があります。

 

京都には約90箇所、嵐山等の民有地も含まれている場合もあります。

 

その地域において新築等の現状変更や保存に影響する行為を行なう場合に文化庁の許可を受ける為に提出します。

 

管理団体である京都府への照会や文化財審議会という有識者への意見を求めたりと

 

通常許可に2ヵ月かかる届出です。

 

申請・届出に関わらせて頂く機会が増え、ケアする事等が分かり

 

やりがいを感じさせて頂いています。

 

 

 

過去の記事

menu
tel
contact