tel
contact

REFORMリフォーム

心地よく、住み継ぐ

古き良き住まいで、より良く暮らす。

“長く愛され住み続けられる家” 私達が目指す家の姿であり、家にとっても幸せなことかもしれません。
住み慣れた家や受け継いだ家。大切に住まれた家がこれからも大切に住み続けられるためのお手伝いをさせていただきます。

ZENのリフォームとは

  • 自社の大工が誇る高い技術力

    昔ながらの施工方法から最新の技術までを知り尽くし、そのノウハウを蓄積した自社の大工:木工(こだくみ)を中心に施工を行います。家の根幹の大事な部分だからこそ信頼できる木工の目で愛情を込めて見届ける施工を大切にしています。

  • 設計士による柔軟な対応

    建築士の資格を持つ設計士が打ち合わせから現場の指揮まで一貫して担当します。具体的な要望はもちろん、打ち合わせで見えてくる潜在的なイメージやライフスタイルを確実に現場に反映させることができます。

  • ZENにしかできないこと

    大規模なリフォームはより専門的な建築の知識を必要とします。例えば耐震性や住環境は直接的に安全や快適さに直結する大切なことですが、高度な知識が必要になってきます。ZENのリフォームでは一級建築士を持つ設計士が耐震診断や熱損失係数計算を行うことで専門性を担保しています。“リフォームのノウハウ”があることはもちろん“新築のノウハウ”があるということが、計画や施工の技術的な品質の差を生みます。

リフォームのリスク・デメリット

  • 希望のプラン通りになるか不安

    リフォームは既存部分を取り払えずに間取りの変更が出来ず思うようなプランにならないケースが良くあり、構造に対して専門的な知識を持った人間でないと本当に必要な壁や柱等の構造位置の特定は難しいです。

    ゼンなら...

    事前の調査で不安を解消します

    構造に関して専門的な知識を有する設計士が打ち合わせを担当するので、既存部分の代替で別の場所に構造を補完するなど構造上のテクニックを用いて設計することもあります。もちろん物理的に不可能なこともありますが、打ち合わせを重ねることで理想の間取りに近づけることができます。

  • 素人目ではどこにリフォームが必要かわからないので不安

    リフォームをしたい部分があるが、それ以外にも寒いや暑い、生活しづらい等の抽象的な問題に対して素人ではなかなか改善方法がわかりません。ましてやプロでも表面的な部分の目視による調査だけでは劣化度合や、問題個所の特定は難しいものです。

    ゼンなら...

    お客様のライフスタイルに合わせてご提案します。

    事前調査の際に検査をし、劣化が見られ今後問題となりそうな部分を事前にピックアップします。その中でお客様にも工事前に家の内容を十分に把握していただき、今回対処する箇所やその方法を決めていき工事範囲を相談するので安心です。
    家は工事が完了した時点で終わりでは無く、住みだしてからが本当の意味でのスタートです。住み手のライフスタイルの変化に合わせてその時々で一番いい形に変化できるようご提案しております。

  • 引き渡し後のメンテナンスをどうしたらよいか不安

    よくリフォーム工事は工事自体が終わるとその工事をした業者とは疎遠になりがちです。
    其の後、新たな問題が出て来た場合でも、なかなか疎遠になってしまった関係性では言い出しづらいものです。

    ゼンなら...

    家守りに取り組んでおります。

    ZENのリフォームでは新築と同様に“家守り”を実践しています。定期的な点検に伺うことで、メンテナンスやアドバイスをさせていただき長く愛され住み続けられる家となるようサポートしていきます。

リフォーム事例

menu
tel
contact