阿達の家

リノベーション

場所
京都市左京区
規模
2階建
構造
木造
施工面積
180.19㎡
敷地面積
128.03㎡
家族構成
夫婦

長屋が建ち並ぶ一角でのフルリノベーション。構造補強を施し現代の暮らしに合わせた空間構成を実現すると共に、既存の小屋組丸太を活かした勾配天井を計画しました。快適な住まいになるように断熱性能も新築同等クラスを実現しています。

次の物件

嵐山の家

一覧に戻る

既存の小屋組みをデザインに取り入れた開放的なLDK空間

新旧融合させた空間

大きなFIX窓により明るく開放感のある空間に

造作のL字型キッチン。ワークトップはステンレスでクールな印象

家事動線に配慮した便利な大容量パントリー

構造合理化させて壁を取り除いた開放的な玄関スペース

オープンな洗面スペース

壁面上部に設けた隣の部屋とつながる換気建具

大容量ウォークインクローゼット

既存の建具を活かした明るい階段ホール

既存の構造体を生かしながら生まれ変わった外観

工事前の外観

工事前の2階和室 → リノベーション後はLDKに

解体後の小屋組み

解体風景