暮らしやすい家

木の家

場所
京都市伏見区
規模
2階建・ロフト付
構造
木造
施工面積
105.71㎡
敷地面積
82.45㎡
家族構成
夫婦・子供2人

特別なことはなにもしていないスタンダードな住まい、こだわったことは住まい手の聞き取りを丁寧に行いその内容を間取りやデザインに反映させたこと。家族共有のクローゼットの中に設けたアイロン台、使い勝手が悪くなりがちな小屋裏収納に明り取りの窓や固定階段を採用し普段使いで利便性を向上させる、トイレ内の独立した手洗い。今ある生活の不便を改善するだけで心地の良い住まいになった一例です。

次の物件

平屋の住まい

一覧に戻る

軒の水平ラインが印象的な外観

階段とLDKを一体の空間にするデザインで限られた空間を広く見せる工夫

開放的な階段に腰壁のアクセント

使い勝手のよい洗面スペース。タイル調のクッションフロアがアクセントに

利便性と掃除のし易さに配慮したトイレの手洗いスペース

小屋裏収納へ上がる階段、普段使いできるよう固定式に

扉のないフリースペース。お子様の成長に合わせて2つの個室をつくれます

クローゼットの中に設けたアイロン台