マチナカの家

狭小地

場所
京都市中京区
規模
2階建・天収付
構造
木造
施工面積
133.20㎡
敷地面積
105.82㎡
家族構成
夫婦・子供2人

狭小間口の敷地に建つ住宅。ライフスタイルに合わせ、家事動線に配慮した間取りの中にどこかノスタルジックな雰囲気を感じさせる素材の選択。外観は周辺環境に溶け込み、圧迫感を与えないようにボリュームをコントロールしています。

一覧に戻る

京町家を現代風にアレンジ

素材としての美しさを表現したアプローチ

オープンサッシでつながる空間

ダイニングからの眺め

コーブ照明により天井高を強調したリビング

勾配天井に合わせたハイサイドサッシ

一畳分の書斎スペース

モルタルで質感ある土間空間

通り土間風の玄関

オリジナルの洗面空間。デザインと機能を両立

造作ベンチ。TVボードにも変化